mitukamii2
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/
World Wide Weblog
7月7日号  甲種・乙種共通  法令
2014-07-07 Mon 08:00
問題  適合維持義務  
ガス工作物の適合維持義務等で、下線部が 正しいものははいくつあるか。

a 一般ガス事業者は、一般ガス事業の用に供するガス工作物を省令で定める技術上の基準に適合するように維持しなければならない。
b  経済産業大臣は、技術上の基準に適合しないと認めるときは、一般ガス事業者に対し、その技術上の基準に適合するように、ガス工作物内におけるガスを廃棄すべきことを命ずることができる。
c  経済産業大臣は、公共の安全の維持または災害の発生の防止のため緊急の必要があると認められるときは、一般ガス事業者に対し、技術上の基準に適合するように、ガス工作物を修理し、改造すべきことを命じることができる。

① 0   ② 1   ③ 2   ④ 3  
























解答  正解は②である。
正しいものが含まれているものは、aである。
b 経済産業大臣は、技術上の基準に適合しないと認めるきは、一般ガス事業者に対し、その技術上の基準に適合するようにガス工作物を修理し、改造し、もしくは移転し、もしくはその使用を一時停止すべきことを命じ、またはその使用を制限することができる。
c 経済産業大臣は、公共の安全の維持または災害の発生の防止のため緊急の必要があると認められるときは、一般ガス事業者に対し、そのガス工作物を移転し、もしくはその使用を一時停止すべきことを命じ、もしくはその使用を制限し、またはそのガス工作物内におけるガスを廃棄すべきことを命ずることができる。

別窓 | 模擬問題(法令) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
6月30日号 甲種・乙種共通 法令
2014-06-30 Mon 08:00
問題   ガス事業法の目的  
 ガス事業法の目的に関する条文で、正しいものはどれか。

 この法律は、ガス事業の運営を調整することによって、ガスの使用者の①(生命、身体及び財産)を保護し、及びガス事業の②(健全な発達)を図るとともに、ガス工作物の工事、維持、運用並びにガス用品の製造及び販売を③(調整)することによって、④(公共の福祉)を確保し、あわせて⑤(災害の予防)を図ることを目的とする。























解答  ②が正解。
正しい条文は、以下の通り。
 この法律は、ガス事業の運営を調整することによって、ガスの使用者の①(利益)を保護し、及びガス事業の②(健全な発達)を図るとともに、ガス工作物の工事、維持、運用並びにガス用品の製造及び販売を③(規制)することによって、④(公共の安全)を確保し、あわせて⑤(公害の防止)を図ることを目的とする。

別窓 | 模擬問題(法令) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
8月30日号 用語の定義
2013-08-30 Fri 08:00
8月30日号  用語の定義  甲種B  
 特監法に関する記述で、誤っているものはいくつあるか。
a  特監法の目的は、「特定ガス消費機器の設置又は変更の工事の欠陥に係るガスによる災害の発生を防止するため、これらの工事の監督に関する義務等を定めることを目的とする。」 である。
b  ガスバーナー付ふろがま、ガスバーナーを使用できる構造のふろがまは、特定ガス消費機器である。
c  ガス湯沸器で、ガス消費量が12kwを超えるガス瞬間湯沸器、その他のもので7kwを超えるものは特定ガス消費機器である。
d  b,cの排気筒・排気筒に接続される排気扇は、特定ガス消費機器である。 
e  特定工事とは、特定ガス消費機器の設置又は変更の工事(軽微な工事を除く) である。
(1) 0   (2) 1    (3) 2   (4) 3   (5) 4












解答解説
正解は(1)である。全て正しい。




別窓 | 模擬問題(法令) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
8月29日号 ガス用品用語の定義
2013-08-29 Thu 08:00
8月29日号   ガス用品用語の定義  乙種C
特定ガス用品で、かつ、特監法の特定ガス消費機器に指定されているものはどれか。ただし各機器は一定ガス消費量以下とする。

(1)ガスストーブ
(2)ガスバーナー付きふろがま 
(3)排気筒・排気扇
(4)ガスこんろ
(5)ガスファンヒーター











解答解説
正解は(2)である。
 特定ガス用品とは、構造、使用条件、使用状況からガスによる災害の発生のおそれが多く、販売の制限や製造事業者に技術基準適合維持義務を課しているもので、一定のガス消費量以下の、ガス瞬間湯沸かし器、ガスストーブ、ガスバーナー付きふろがま、ガスふろバーナー が指定されている。
 一方、特定ガス消費機器とは、ガス機器の設置工事の欠陥によりガスによる災害の発生を防止するため工事の監督に関する義務を定めているが、その工事の対象となる機器のこと。ガスバーナー付きふろがま、ガスバーナーを使用できる構造のふろがま、ガス湯沸かし器、排気筒・排気扇が指定されている。




別窓 | 模擬問題(法令) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
8月28日号 密閉燃焼式  
2013-08-28 Wed 08:00
8月28日号   密閉燃焼式  甲種C 
 密閉燃焼式屋内設置のガスふろがま、ガス湯沸器の消費機器の技術上の基準で、誤っているものはいくつあるか。

a  給排気部の材料は、金属その他の不燃性のものであって十分な耐食性を有するものであること。
b 吸排気部の先端は、屋外に出ていること。
c  給排気部は凝縮水がたまりにくいように取り付けること。
d  吸排気部の天井裏、床裏等にある部分(廃棄に係る部分)は、金属以外の不燃性の材料でおおわれていること。(排気ガスの温度が75℃以下の場合を除く)
e  吸排気部の形状は、当該燃焼器の燃焼が妨げられないよう風量が十分に確保されているものであること。
(1) 0    (2) 1   (3) 2   (4) 3   (5) 5









解答解説
正解は(2)である。 d 吸排気部の天井裏、床裏等にある部分(廃棄に係る部分)は、金属以外の不燃性の材料でおおわれていること。(排気ガスの温度が100℃以下の場合を除く)
密閉燃焼式のガスふろがま、ガス湯沸器の技術上の基準①~⑩を理解のこと。




別窓 | 模擬問題(法令) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
BACK | ガス主任技術者試験取得の応援ページ | NEXT
2006-2017 template by [ALT-DESIGN@clip].