2011/07/27 (Wed) 7月27日号漏えい検査

問題97 漏えい検査
 道路に埋設されている導管の漏えい検査に関する技術基準で( )部が誤っているものはどれか。

特定地下街等または特定地下街等にガスを供給する導管、ガスメーターコック、ガスメーター及びガス栓は、設置の日以後1(40月に一回以上)、適切な方法により検査を行い、漏えいが認められなかったものでなければならない。ただし、次の各号に掲げる場合は、この限りでない。
・ 道路に埋設されている導管からガス栓までの間に適切な2(漏えい検査装置)が適切な方法により設置されている場合。(当該装置が漏えいを検知することができる部分に限る)
・ 導管、ガスメーターコック、ガスメーター及びガス栓が設置されている場所に立ち入ることにつき、その所有者または占有者の3(承諾を得ることができない)場合。
・ 4(ポリエチレン管)を使用している場合
・ 5(屋外において、埋設されていない部分)がある場合。埋設されてない部分に限る)





正解 1
特定地下街等は、40月ではなく、14月です。漏えい検査の間隔は、施設により14月、40月、76月があります。整理しておきましょう。


スポンサーサイト

模擬問題(法令) | trackback(0) | comment(0) |


<<7月28日防護の基準 | TOP | 7月26日ガスメーター>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/93-ac294413

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR