mitukamii2
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/
World Wide Weblog
製造分野の学習方法
2011-04-14 Thu 13:56
 このページは、製造分野の学習方法について、解説してあります。この内容は、東京ガス㈱杉森氏の協力により、作成しました。

<製造編の出題傾向> 
(分野)   (出題) (項目)
都市ガスの原料 1問 LNG,国産天然ガス、LPG,ナフサ、オフガス、石炭
ガスの製造 1問 LNG設備、LPG設備、反応を伴うガス発生設備、移動式ガス発生設備、石炭ガス
ガスの脱水 1問 ガスの脱水の目的、露点、脱水プロセスの種類と特徴
熱量調整と燃焼性1問 熱量調整と燃焼性管理の目的、ガスの混合、熱量調整方式
ガスの付臭 1問 付臭剤、付臭設備、臭気濃度の測定方法
成分分析、発熱量1問 一般成分の分析、特殊成分の分析、発熱量の測定、比重の測定
ガスの送出   1問 ガスホルダー、圧送機、ポンプ
計装・電気設備 ・ 計装制御、計測機器、電気設備
設備建設 ・ 設備計画、設計・建設、設備建設における法手続き
設備保全 ・ ガス事業法における設備保全の特徴
保安・防災 ・ 保安、防災管理、保安設備
耐震 ・   耐震設計概要、耐震設計方法、耐震設計の動向、地震対策
省エネルギー 1問 省エネルギーの目的、エネルギー管理、LNGの冷熱利用技術、工場のエネルギー対策
環境対策 ・ ス製造工場における環境対策、大気汚染の防止、水質汚濁の防止、その他の環境対策

<製造編のワンポイントアドバイス>
1.ガス技術27問(製造9問、供給9問、消費機器9問)出題中、20問選択して解答する。
2.「製造関係は苦手だ」と諦めている人もいるが、食わず嫌いはダメ。やってみると案外面白いし結構得点できる。消費機器なんかよりボリューム(白本の厚み)的にはぜんぜん楽チン。
3.ポイントは前半の約7問(都市ガスの原料~ガスの送出)。ここは製造のハイライトと言える。毎年万遍なく出題されているし内容も面白い。ここで5問(25点)は頂こう。後の供給、消費機器が楽になるよ。  
4.後半(計装・電気設備~環境対策)はボリュームの割りに出題数が少ないので的が絞りづらいけど必ず勉強。(3~4問出た年もある)
5.設問は「正しいのはどれか」ではなく、「誤っているものはいくつあるか」や「正しいものの組み合わせはどれか」というものだ。つまり、1つの問題に5つ記述があったらすべてを理解していないと解答できないのだ。エイヤーッの山勘ではなかなか当たらない。ここが管工事施工や土木施工試験と大きく違うところだ。これを克服するには、過去問の反復+白本の熟読、と私は思う。
スポンサーサイト

別窓 | 試験の学習法 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<供給分野の学習方法 | ガス主任技術者試験取得の応援ページ | 基礎理論の学習方法>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| ガス主任技術者試験取得の応援ページ |
2006-2017 template by [ALT-DESIGN@clip].