FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/07/17 (Fri) 特監法の再講習その2

 特監法の続き。肝心の特監法は、ガス主任技術者の法令の出題範囲に科目に入っている。法令科目の最後の問題、16問目に出題されている。日本ガス協会の法令テキストでは要点が1ページにまとめられていて、読みやすく、学習効果も上がるため、落としたくない法令である。
 講習内容を聞いていて、あっ、そうかと思ったことがあるため、ガス主任技術試験の模擬問題風にまとめてみた。

Q設問 特監法について、誤っているものはどれか?

1 特定ガス消費機器の給排気方式RFは、特定工事としては軽微な工事として除外   される。
2 特定工事の監督の方法は、施工場所において「工事内容の指示」「作業の監督」「技術基準に適合していることを確認」であ
  る。
3 特定工事の監督者等が資格証を携帯しない場合は、過料が課せられる。
4 液化石油ガス設備士は、3年に一度の再講習が必要である。

A解答
 4が誤り。液化石油ガス設備士は、3年に一度の再講習は不要である。

スポンサーサイト

試験情報・テキスト | trackback(0) | comment(0) |


<<大手ガス会社の短期講座を終了 | TOP | 特監法の再講習その1>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/532-3bdcca60

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。