--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/07/16 (Thu) 特監法の再講習その1

 特監法という法律がある。正しくは、「特定ガス消費機器の設置工事の監督に関する法律」という。ガス事業法の親戚のような法律だ。ガス給湯器や風呂の設置など、特定ガス消費機器の工事監督をする際には、この法律の免許を持っていないといけない。その免許は3年に一度講習を受講して、資格を更新する。先日はその2回目の講習であった。3年に一度だから法律などが変わっていることもある。講師から最近の改正は2点。耐震対策と下水のドレンだという。

 耐震対策は、告示で給湯設備の転倒防止措置が追加された。据置型、壁掛型に分かれていて、設置階、質量、アスペクト比ごとにアンカーの本数が決まっている。もう一つのドレン。下水道法では、潜熱回収型の給湯器は、汚水系統の排水設備に流さなければいけなかったが、微量であること、水質上も問題ないことから、国土交通省から、雨水と同様に取扱いことが可能という判断が出された。最後は各自治体が判断するそうだが。 続く・・
・・

スポンサーサイト

試験情報・テキスト | trackback(0) | comment(0) |


<<特監法の再講習その2 | TOP | 乙種の方、メタンの燃焼反応は書けますか>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/531-d2a6d850

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。