FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/06/05 (Fri) 乙種の方、メタンの燃焼反応は書けますか

 ガス主任の研修講師をやっている。今月は登壇数も多い。初めは基礎理論科目からだ。そして今年は何社もやっているから、受講生は同じ個所で引っかかることがわかる。それが、このメタンの燃焼反応。メタンの燃焼反応は
   CH4+O2→CO2+H2O
となり、このX,Y,Zを求めるものだ。ところが乙種の受験生には、この意味が全く分からない人も多い。そもそも化学式というだけで、アレルギーを起こしてしまうんだろう。

 この反応は丁寧に説明する。CH4とはC原子が1個,H原子が4個で構成される分子こと。次にYの求め方。YCO2のYとは、何個の二酸化炭素分子を持っているかという意味。まずCの数を両辺で揃えると、左辺のCが1個だから、右辺のCO2はY=1となる。次にHの数を合わせようとすると、左辺は4個、右辺はH2だから、Z=2。最後にOの数、右辺は4個。左辺は従って、X=2 となる。

 これを説明しても、わからない受験生がいる。たいてい2回は説明する。場合によっては3回目もある。この後、プロパンの燃焼反応へと進む。これで、アレルギーは取れたかな?甲種になると、過剰空気を入れた反応が主体となるため、ここは理解していないといけない。

 

スポンサーサイト

試験の学習法 | trackback(0) | comment(0) |


<<特監法の再講習その1 | TOP | 演習問題(ボイルシャルルの法則)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/530-cde52c9a

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。