FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/07/28 (Mon) 7月28日  甲種法令 基礎の構造

問題  高圧のガス又は液化ガスを通ずるガス工作物の基礎の構造は、不等沈下等により当該ガス工作物に有害なひずみが生じないようなものでなければならない、とされているが、その当該ガス工作物から除外されているものは、次のうちどれか。

① ガス発生設備
② ガスホルダー
③ ガス精製設備
④ 導管
⑤ 整圧器





















解答解説
 正解は、④である。
排送機、圧送機、圧縮機、送風機、液化ガス用ポンプ、昇圧供給装置、配管、導管、移動式ガス発生設備、ひずみが生じないように設置された高圧ガス工作物 が除外されている。
 技省令第15条の4からの出題である。

スポンサーサイト

模擬問題(法令) | trackback(0) | comment(0) |


<<8月4日号  乙種法令 計器室 | TOP | 7月21日号  乙種法令  保安区画 >>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/506-ed5d3792

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。