mitukamii2
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/
World Wide Weblog
5月26日号  甲種供給  掘削工事
2014-05-26 Mon 08:00
問題  掘削工事に関する次の記述のうち、誤っているものの組合せはどれか。

a 埋設物周辺では、あらかじめ試験堀等により埋設物の位置を確認wする。また、埋設物周辺は、能率の良い機械掘削で行う。
b 掘削残土の処理で、一定規模以上の工事で発生するアスファルト・コンクリート等は、法令で、再資源化が望ましいとされている。
c 掘削箇所の湧水処理の方法として重力排水法があるが、これは砂質土には不適で、透水性の小さい粘性土に適している。
d 湧水処理の補助工法として用いるウエルポイント工法は、数メートル間隔で揚水管を打ち込んで、多数の小型井戸として地下水位を下げる工法である。周囲の井戸の枯渇、地盤沈下に注意を要する。
e 薬液注入工法は、地盤に注入管を打ち込み、薬液をポンプで注入して地盤を強化する工法である。地下水位の汚染の防止に注意を要する。

① a,b,c  ② a,b  ③ a,c,d  ④ b,c  ⑤ c,d,e


























解答 ①が正解。
a 埋設物周辺では、原則として手掘りとする。
b 一定規模以上の工事で発生するアスファルト・コンクリート等は、法令で、再資源化が義務化されている。
c 重力排水法は、透水性の大きい砂質土に適する。
スポンサーサイト

別窓 | 模擬問題(ガス技術) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ガスエネルギー新聞に連載開始! | ガス主任技術者試験取得の応援ページ | 5月22日号  乙種供給  供内管>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| ガス主任技術者試験取得の応援ページ |
2006-2017 template by [ALT-DESIGN@clip].