2011/06/07 (Tue) 6月7日整圧器の静特性

問題38 整圧器の静特性
 整圧器の静特性とは、定常状態における流量と二次圧力の関係をいう。下記の( )部の記述は、正しいか。
流量Q時における二次圧力Pを基準状態としたとき,流量が増大するに従い、二次圧力は基準圧力より低下する。これを1(シフト)という。また、一次圧力、大気圧、ウエイトなどが変化するとき、駆動圧力が変化し、流量曲線が変化し、全体的に基準状態からずれる。このずれを2(オフセット)という。






正解 誤り
1シフトと2オフセットが逆の記述となっている。また、整圧器の静特性としては、これ以外にロックアップがある。流量がゼロになると、メインバルブは締め切り状態となるが、このとき、二次圧力は基準状態より高くなる、これをロックアップという。

テキスト供給編41~43ページを参照してください。

スポンサーサイト

模擬問題(ガス技術) | trackback(0) | comment(0) |


<<6月8日号供給量の予測 | TOP | 6月6日号流量公式>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/48-b80a9da1

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR