2013/08/08 (Thu) 8月8日号 ガス発生設備  甲種B

8月8日号  ガス発生設備  甲種B

技術基準に関する記述のうち、正しいものはいくつあるか。

a  冷凍設備のうち冷媒ガスの通ずる部分であって過圧が生ずるおそれのあるものには、その圧力を逃すために適切な圧力上昇防止装置を設けなければならない。
b  ガスの通ずる部分に直接液体又は気体を送入する装置を有する製造設備(移動式ガス発生設備を除く)は、送入部分を通じてガスが逆流することによる設備の損傷又はガスの大気への放出を防止するため逆流が生じない構造のものでなければならない。 
c  液化ガス(不活性のものを除く)を気化する装置は、直火で加熱する構造のものであってはならない。
d  温水で加熱する構造の気化装置にあって、加熱部の温水が沸騰するおそれのあるものには、これを防止する措置を講じなければならない。
e  気化装置又はそれに接続される配管等には、気化装置から液化ガスの流出を防止する措置を講じなければならない。ただし、気化装置からの液化ガスの流出を考慮した構造である場合は、この限りでない。
(1) 0   (2) 1   (3) 2   (4) 3   (5) 4










解答解説
正解は(3)である。 b, d, e が誤り。
b  ガスの通ずる部分に直接液体又は気体を送入する装置を有する製造設備(移動式ガス発生設備を含む)は、送入部分を通じてガスが逆流することによる設備の損傷又はガスの大気への放出を防止するため逆流が生じない構造のものでなければならない。
d  温水で加熱する構造の気化装置にあって、加熱部の温水が凍結するおそれのあるものには、これを防止する措置を講じなければならない。
e  気化装置又はそれに接続される配管等には、気化装置から液化ガスの流出を防止する措置を講じなければならない。ただし、気化装置からの液化ガスの流出を考慮した設計である場合は、この限りでない。




スポンサーサイト

模擬問題(法令) | trackback(0) | comment(0) |


<<8月9日号  ガスホルダー・貯槽  乙種A | TOP | 8月7日号  ガス発生設備  乙種B>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/424-fd269a18

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR