2013/07/03 (Wed) 7月3日号 必要換気量 

7月3日号  必要換気量  乙種B 
 必要換気量に関する説明で、誤っているものはどれか。

(1) 自然換気回数n(回/h)は、1時間当たり室内の空気が何回入れ替わるかの回数である。 部屋の容積V(m3)を換気量Q(m3/h)で除したものをいう。
(2) 換気量の計算方法は、建築基準法による方法と、部屋の必要換気回数から求める方法がある。
(3) 建築基準法による方法で、調理室の場合、必要換気量=定数×理論排気ガス量×燃料消費量 で表される。
(4) 建築基準法による方法で、居室の場合、居室の床面積と一人当たりの占有面積から必要換気量が計算される。
(5) 部屋の必要換気回数から求める方法は、必要換気量=必要換気回 
 数×部屋の容積 で求められる。










解答解説
誤りは(1)である。自然換気回数n(回/h)は、1時間当たり室内の空気が何回入れ替わるかの回数である。換気量Q(m3/h)を部屋の容積V(m3)で除したものをいう。



スポンサーサイト

模擬問題(ガス技術) | trackback(0) | comment(0) |


<<7月4日号  吸排気の区分  | TOP | 7月2日号 機械換気>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/396-9d7d8ebb

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR