2013/06/05 (Wed) 6月5日号  整圧器の基本構造

6月5日号  整圧器の基本構造  乙種C
下記の記述で、誤っている部分はあるか、あるならどの部分か。

整圧器の基本構造は、ダイヤラム、スプリング(またはウエイト)、メインバルブからなっており、①(ダイヤフラムは、二次圧力を検知し、その二次圧力の変動をメインバルブに伝える部分)で、②(スプリングは、調整される二次圧力を設定する部分)、③(メインバルブは、ガスの流量を開度によって直接調整する部分)である。

①が誤り ②が誤り ③が誤り  ④全て正しい











解答解説
正解は④で全て正しい。整圧器の基本構造について確認する問題である。


スポンサーサイト

模擬問題(ガス技術) | trackback(0) | comment(0) |


<<6月6日号 膜式ガスメーターの故障 | TOP | 6月4日号 AFVの作動フロー>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/376-bf3024f7

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR