2013/05/14 (Tue) 5月14日号  付臭設備 

5月14日号  付臭設備  甲B
付臭設備に関する説明で誤っているものはどれか

(1) 付臭室はやや負圧で、換気のため吸引した空気は脱臭するなど外部に臭気が漏れないように万全な対策が必要である。
(2) ポンプ注入式は、ポンプなどによって付臭剤を直接ガス中に注入する方式で、規模の小さな設備に適している。
(3) 滴下注入方式は、加圧または重力により、直接ガス中に滴下する方式で、自動比例型と手動型がある。
(4) 蒸発式は、付臭剤の蒸気をガス流に混合する方式で、設備費が安く、動力を必要としない利点がある。
(5) 液付臭式は、原料LPG液中に直接付臭剤を注入するもので、小規模なLPGエア専用事業場で採用できる。









解答解説
誤りは(2)である。ポンプ注入式は、ポンプなどによって付臭剤を直接ガス中に注入する方式で、規模の大きな設備に適している。



スポンサーサイト

模擬問題(ガス技術) | trackback(0) | comment(0) |


<<5月15日号 付臭剤の要件 | TOP | ガスエネルギー新聞に広告>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/356-8c382bd0

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR