2011/05/25 (Wed) 5月25日号ルシャトリエ

問題17 ルシャトリエの法則
 メタンの爆発下限界は、4.9%である。A社の都市ガスは、メタン90%、プロパン10%であった。A社の都市ガスは、メタンに比べて、爆発下限界は、1%下がる。
ただし、プロパンの爆発下限界は、2.2%である。

正解 誤り
この問題はルシャトリエの式で求められます。ルシャトリエの式は、気体1、気体2・・気体Nの爆発限界は、
 100 / ( n1/N1 + n2/N2+・・)  nn:各成分のVOL% NN:各成分の爆発下限界%
で表されます。
この都市ガスの爆発下限界は、
100 / ( 90/4.9 + 10/2.2  ) = ×100 = 4.36% ≒4.4%  となります。
従って、メタンの爆発下限界は4.9%ですから、都市ガスの下限界は0.5%下がることになります。
この問題、ちょっと難しいかもしれませんが、できるようになると自信がつきます。

都市ガス工業基礎理論編 109ページを参照してください。

スポンサーサイト

模擬問題(基礎理論) | trackback(0) | comment(0) |


<<5月26日号流量測定 | TOP | 5月24日号エネルギー保存則>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/35-0ed93385

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR