2013/04/30 (Tue) 4月30日号 炭素鋼 甲種A

4月30日号    炭素鋼   甲種A

 炭素鋼の説明で誤っているものはどれか。

(1) 炭素鋼は鉄に炭素を含み、炭素0.3%以下は低炭素鋼、0.45%以上は高炭素鋼と呼び、炭素を増加すると引張り強さが増加し、伸びは減少する。22 21 20
(2) リンは硬さや引張り強さを増し、伸びを減らすが、延性―脆性の遷移温度を高め、鋼塊中では偏析を起こさせやすい。23 21
(3) 硫黄は、結晶粒界を弱くさせ、熱間加工中に割れが生じやすくなり、機械的強度を低下させる。23 21
(4) 炭素鋼は、800℃程度が使用限界で、これ以上は黒鉛化現象により、著しく強度が低下する。23 21
(5) 炭素鋼にNi、Cr、Mn、Mo等の合金元素を添加すると、引張強さ、降伏点が高くなり、伸びも増し、強靭になる。20










解答解説
誤りは(4)である。 炭素鋼は、450℃程度が使用限界で、これ以上は著しく強度が低下する。



スポンサーサイト

模擬問題(基礎理論) | trackback(0) | comment(0) |


<<5月1日号 原料 乙種A | TOP | 4月26日号 応力とひずみ 乙種A>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/347-3210c395

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR