mitukamii2
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/
World Wide Weblog
基礎理論模擬問題
2013-04-05 Fri 08:00
甲種B
 圧力100kPaの気体に、ある熱を加えて定圧膨張させ、体積が0.2m3増加した。この時、内部エネルギーが30KJ増加したとしたら、加えた熱量は何KJか。23

① 30KJ
② 40KJ
③ 50KJ
④ 60KJ
⑤ 70KJ













解答解説

正解は③である。
内部エネルギーの変化は、熱力学の第一法則に従う。
外から与えた熱量 Q= 増加した内部エネルギーE + 外にした仕事 W  で表される。

W=P・ΔV = 100kpa × 0.2m3 = 20kpam3 = 20KJ
E=30KJ
Q= 30 + 20 = 50(KJ)
注) kpa・m3 = kNm-2・m3 = kNm = kJ

スポンサーサイト

別窓 | 模擬問題(基礎理論) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<基礎理論模擬問題 | ガス主任技術者試験取得の応援ページ | 基礎理論模擬問題>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| ガス主任技術者試験取得の応援ページ |
2006-2017 template by [ALT-DESIGN@clip].