2012/11/21 (Wed) ガス主任技術者試験問題の分析(消費機器分野)

(1) 出題傾向
 ガス技術科目は27問のうち20問を試験問題を見て選択する。消費機器分野は9問出題されるため、計算上7問程度の選択となる。また、ガス事業の中でも消費機器分野の従事者は多く、その方たちにとっては、得点源としたい分野である。
 例年の出題傾向は、年によって変動があるが、第19問ガスの性質・燃焼、第20問燃焼方式、第21問家庭用機器、第22問温水機器、第23問コジェネ・GHP、第24問燃料電池、第25問換気・吸排気、第26問警報器、第27問安全装置、となっている。ただし、年によっては伝熱、換気、業務用などが出題される。
出題傾向として、絞り込みやすい部分は、第19問ガスの性質と燃焼、第20問燃焼方式、第24問換気・給排気くらいで、残りの大部分はまんべんなく出題され、絞り込みが難しい。ただし、ガス機器の調整や地域冷暖房等は全く出題されたていない。
平成24ン年度試験を例にとると、過去5年間の類題の出題は、甲種が約50%、乙種が約40%であった。

(2) 対策
出題傾向からわかるように、消費機器分野は、製造、供給分野に比べて最も得点を挙げにくい分野である。
テキストか絞り込みやすい部分は、ガスの性質・燃焼、燃焼方式、換気・給排気の3題分をAレベルして学習したい。特にガスの性質・燃焼は、基礎科目と重複するため、ぜひ失点しないようにしたい。
次に、過去5年で出題された内容を中心に、Bレベルとして学習し、6問中、3問程度の得点を目指したい。
残りはCレベルとして、出題された時点で選択を考える。これにより、9問中6問程度の正解を目指したい。

スポンサーサイト

試験の学習法 | trackback(1) | comment(0) |


<<平成24年度ガス主任技術者試験合格発表 | TOP | ガス主任技術者試験問題の分析(供給分野)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/315-043a6d55

まとめ【ガス主任技術者試験問】
(1) 出題傾向  ガス技術科目は27問のうち20問を試験問題を見て選択する。消費機器分野は9問出題されるた //まっとめBLOG速報 2012/11/22 01:03

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR