2012/09/28 (Fri) 特監法の目的・用語の定義など

法令67 
問題
 特監法に関する記述で、誤っているものはいくつあるか。

a 特監法の目的は、「特定ガス消費機器の設置又は変更の工事の欠陥に係るガスによる災害の発生を防止するため、これらの工事の監督に関する義務等を定めることを目的とする。」
b ガスバーナー付ふろがま、ガスバーナーを使用できる構造のふろがまは、特定ガス消費機器である。
c ガス湯沸器で、ガス消費量が12kwを超えるガス瞬間湯沸器、その他のもので7kwを超えるものは特定ガス消費機器である。
d 特定工事とは、特定ガス消費機器の設置又は変更の工事(軽微な工事を除く) である。

(1) 0
(2) 1
(3) 2
(4) 3





















法令67
解答解説
正解は、(1)である。
全て正しい。


今年度の模擬問題は、これで最後です。本番は頑張ってください。

スポンサーサイト

模擬問題(法令) | trackback(0) | comment(0) |


<<ガス主任技術者試験 試験問題の分析(基礎科目編) | TOP | 強制排気の排気筒の技術基準>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/309-f76485d8

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR