2012/09/27 (Thu) 強制排気の排気筒の技術基準

法令66 
問題
 強制排気の排気筒の消費機器の技術上の基準で、誤っているものはいくつあるか。
  なお、強制排気式とは
a 外壁を貫通する場合には、当該排気筒と外壁等の間に排気ガスが屋内に流れ込む隙間がないこと。
b 自然排気式の燃焼器の排気筒であって排気扇を接続するものは、自重、風圧、振動等に対して、十分耐え、かつ各部の接続部及び排気筒と燃焼器の排気部との接続部が容易に外れないように堅固に取り付けられていること。
c 形状は、排気ガスが機器の吸気口(機器又は排気筒に逆風止めを取り付ける場合にあっては、逆風止め開口部)から流出しないよう内径が十分に確保されるものであること。
d 凝縮水等がたまりにくいよう取り付けること。

(1) 0
(2) 1
(3) 2
(4) 3












法令66
解答解説
正解は、(2)である。
c 形状は、排気ガスが機器の吸気口(機器又は排気筒に逆風止めを取り付ける場合にあっては、逆風止め開口部)から流出しないよう風量が十分に確保されるものであること。

スポンサーサイト

模擬問題(法令) | trackback(0) | comment(0) |


<<特監法の目的・用語の定義など | TOP | 消費機器の調査義務>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/308-c68eb192

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR