2012/09/19 (Wed) 付臭が必要ないもの

法令33
問題
 技術基準の定める付臭が必要のないものは、いくつあるか。

a 中圧以上のガス圧力により行う大口供給の用に供するもの。
b 適切な漏えい検知装置が適切な方法により設置されているもの(低圧により行う大口供給の用に供するもの及びガスを供給する事業を営む他の者に供給する者に限る。)
c ガスの空気中の混合容積比率が1/1000である場合に臭気の有無が感知できるもの。
d ポリエチレン管のみで供給するもの。

(1) 0
(2) 1
(3) 2
(4) 3








法令33
解答解説
 正解は、(4)である。
d は誤り、このような記述はない。


スポンサーサイト

模擬問題(法令) | trackback(0) | comment(0) |


<<高圧又は中圧の本支管でガス遮断装置を設置すべき場所 | TOP | ガス工作物の主要材料>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/303-d50b5044

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR