2012/09/07 (Fri) 点火時安全装置

機器26   Bレベル
問題
点火時安全装置に関する説明で、誤っているものはどれか。

①点火時安全装置とは、燃焼室を持つガス機器の残留未燃ガスによる爆発点火を防止するためのものである。
②点火時安全装置は、センサーの種類によって風量を検知する方式と風速を検知する方式、ファン回転数を検知する方式がある。
③ファン回転検知方式のうちホールIC式とは、燃焼用ファン軸に取り付けたマグネットの磁界によりホールICを動作させ、回転数を検出する。
④ファン回転検知方式のうちフォトインタラプタ式とは、回転板に取り付けたスリットでフォトインタラプタの発行側の光を継続的に受光側に与えることにより回転を検出するものである。












機器26
解答解説
正解は②である。
②点火時安全装置は、センサーの種類によって風量を検知する方式と風圧を検知する方式、ファン回転数を検知する方式がある。

スポンサーサイト

模擬問題(ガス技術) | trackback(0) | comment(0) |


<<ガス機器の安全装置 | TOP | 温水機器>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/294-021571c5

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR