mitukamii2
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
導管の維持管理技術
2012-09-03 Mon 08:00
供給33  Cレベル
問題
 導管の維持管理に用いられる技術の説明で、誤っているものはいくつあるか。

a 管内テレビカメラ・・本支管内を観察し、管内の水たまりや漏れの状況から水の侵入状況を調査する。
b マッピングシステム・・コンピュータにガス導管等の施設情報を含む図面を登録し、図面管理業務や維持管理業務に活用するもの。ガス事業者を始めとして適用拡大が図られている。
c パイプロケーター・・導管の埋設位置を間接的に検索するもので、最も一般的に用いられているのは、ハーディークロス法を原理としている。
d 地中探査レーダー・・地中の埋設管を電波の反射でにより容易に探知する。

① 0
② 1
③ 2
④ 3












供給33
解答解説
 正解は、②である。
c パイプロケーター・・導管の埋設位置を間接的に検索するもので、最も一般的に用いられているのは、電磁誘導法を原理としている。
 ハーディークロス法は、ループ配管の導管網解析に用いる計算手法である。
スポンサーサイト

別窓 | 模擬問題(ガス技術) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<NOX | ガス主任技術者試験取得の応援ページ | 2912 ガス主任技術者試験 直前模擬テスト(供給科目)>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| ガス主任技術者試験取得の応援ページ |
2006-2017 template by [ALT-DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。