mitukamii2
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/
World Wide Weblog
整圧器の特性
2012-08-28 Tue 08:00
供給8  Bレベル
問題   
整圧器の特性の説明で、誤っているものは、いくつあるか。

a 整圧器の動特性は、一般に応答を速くすると、安定性を欠く結果を招く。このため、負荷条件、設備条件などに応じ、調整圧力が適正な領域となるよう整圧器を設定する必要がある。
b 直動式は、パイロット式に比べ機構が複雑なため、応答が遅い。
c 流量特性は流量とメインバルブ開度の関係を最大値の百分率で表したものをいう。特性には、リニア形、二次形、平方根形がある。
d パイロット式整圧器も直動式も、一次圧力と二次圧力の差圧である最小作動差圧は考慮する必要はない。


① 0
② 1
③ 2
④ 3














供給8
解答解説
正解は、③である。
b 直動式は、パイロット式に比べ、信号系統が単純なので応答が速い。
d 一次圧力と二次圧力の差圧がある程度ないとパイロット式整圧器は作動できなくなり、この最小値を作動最小差圧という。
スポンサーサイト

別窓 | 模擬問題(ガス技術) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<供内管の設計 | ガス主任技術者試験取得の応援ページ | 低圧導管の口径決定>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| ガス主任技術者試験取得の応援ページ |
2006-2017 template by [ALT-DESIGN@clip].