2012/08/27 (Mon) 低圧導管の口径決定

供給3
問題   Bレベル
低圧導管の口径決定に関する説明で、誤っているものは幾つあるか。

a 流量公式では、流量に比例するのは、圧力差の平方根、口径の平方根、流量に反比例するのは、ガス比重の平方根、導管延長の平方根である。
b 低圧末端の所要圧力は、供給約款で定めるガス栓出口の最低許容圧力に、供給官、内管、ガスメーター通過の際の圧力降下を加えた値である。
c 高所hにおけるガス圧は、1.293h×g/(1000)×(1-S)kpa分、高くなるため、圧力補正を行う。
d 低圧導管の流量公式では、流量計数は、ポールの係数、または、コックスの係数を用いることが多い。

① 1
② 2
③ 3
④ 4













供給3
解答解説
正解は②である。
a 流量公式では、流量に比例するのは、圧力差の平方根、口径の5乗の平方根、流量に反比例するのは、ガス比重の平方根、導管延長の平方根である。
d 低圧導管の流量公式では、流量計数は、ポールの係数、または、米花の係数を用いることが多い。

スポンサーサイト

模擬問題(ガス技術) | trackback(0) | comment(0) |


<<整圧器の特性 | TOP | 省エネルギー>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/282-6475d3c1

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR