2012/07/30 (Mon) 密閉式ふろがま&自然排気の排気筒

本日は、サービスで、2問出題です。

法令64 
問題
 密閉式屋内設置のガスふろがま、ガス湯沸器の消費機器の技術上の基準で、誤っているものはいくつあるか。

a 給排気部の材料は、金属その他の不燃性のものであって十分な耐食性を有するものであること。b 吸排気部の先端は、屋外に出ていること。
c 吸排気部の天井裏、床裏等にある部分(廃棄に係る部分)は、金属以外の不燃性の材料でおおわれていること。(排気ガスの温度が75℃以下の場合を除く)
d 吸排気部の形状は、当該燃焼器の燃焼が妨げられないよう風量が十分に確保されているものであること。

① 0
② 1
③ 2
④ 3












法令64
解答解説
正解は、②である。
c 吸排気部の天井裏、床裏等にある部分(廃棄に係る部分)は、金属以外の不燃性の材料でおおわれていること。(排気ガスの温度が100℃以下の場合を除く)




法令65 
問題
自然排気の排気筒の消費機器の技術上の基準で、誤っているものはいくつあるか。

a 逆風止めが、機器と同一の室内で機器と近接した箇所に取り付けられていること。(機器自体に逆風止めが取り付けられている場合を除く。)
b 有効断面積は、機器の排気部との接合部の有効断面積より大きくないこと。
c 先端は、鳥、落葉、雨水その他の異物の侵入又は風雨等の圧力により排気が妨げられるおそれのない構造であること。
d 自重、風圧、振動等に十分耐え、かつ、各部の接続部及び排気筒と燃焼器の排気部との接続部が容易に外れないよう堅固に取り付けられていること。

① 0
② 1
③ 2
④ 3









法令65
解答解説
正解は、②である。
b 有効断面積は、機器の排気部との接合部の有効断面積より小さくないこと。

スポンサーサイト

模擬問題(法令) | trackback(0) | comment(0) |


<<特監法の工事監督 | TOP | 日曜ゼミナール ガス用品&特定ガス用品>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/255-2588d7ad

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR