2012/07/27 (Fri) 消費機器の周知義務

法令59 
問題
 消費機器の周知義務で、周知の頻度が誤っているものはどれか。

① 供給区域又は供給地点のガス使用者・・・40月に1回以上
② 建物区分が特定地下街等、特定地下室等、超高層建物、特定大規模建物・・・毎年度1回以上
③ 屋内に設置されたガス瞬間湯沸器であって、ガスの消費量が12kw以下のもの(不完全燃焼する状態に至った場合に当該ガス瞬間湯沸器へのガスの供給を自動的に遮断し燃焼を停止する機能を有すると認められるものに限る)・・・ガスの使用の申し込みを受け付けたとき
④ 屋内に設置されたガス瞬間湯沸器であって、ガスの消費量が12kw以下のもの(不完全燃焼する状態に至った場合に当該ガス瞬間湯沸器へのガスの供給を自動的に遮断し燃焼を停止する機能を有すると認められるものに限る)・・・毎年度1回以上









法令59
解答解説
正解は、①である。
① 供給区域又は供給地点のガス使用者・・・3年度ごとに1回以上

スポンサーサイト

模擬問題(法令) | trackback(0) | comment(0) |


<<土曜ゼミナール 漏えい検査 | TOP | ガス用品の規制>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/254-69fa8aaf

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR