2012/06/28 (Thu) 温水機器の潜熱回収

機器17   Bレベル
問題
温水機器の潜熱回収に関する説明で、誤っているものはどれか。

①従来型の給湯器の熱効率は80%程度であったが、従来の熱交換器の上部にもう一つの熱交換器を組み込み、潜熱を有効に回収したため、潜熱回収型では熱効率は95%となった。
②潜熱回収により発生する凝縮水が燃焼排ガスのNOX等に溶け込み、強酸性となり、腐食が進むため、材質をチタンやステンレスに変更し、耐久性を向上させた。
③潜熱回収型給湯器には、凝縮水のPHを5~9に改善できる中和器が組み込まれている。
④下水道法では、事業場等、家庭における排水をPH5~9にするように規定されている。このため、潜熱回収型給湯器は、下水道法を満たす水質に改善している。








機器17
解答解説
正解は、④である。
④下水道法では、事業場等における排水をPH5~9にするように規定されている。一般家庭では規定はないが、潜熱回収型給湯器は、下水道法を満たす水質に改善している。

スポンサーサイト

模擬問題(ガス技術) | trackback(0) | comment(0) |


<<都市ガス警報器の特徴 | TOP | 家庭用厨房機器>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/232-21a346bd

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR