2012/06/11 (Mon) ガスの燃焼

機器1  Bレベル
問題
ガスの燃焼に関する説明で、誤っているものはどれか。

①ガスを完全に燃焼させるために必要な最小の空気量を理論空気量という。実際には、理論空気量だけではガスを完全燃焼させることができず、20~40%の過剰空気が必要である。
②乾き燃焼排ガス量とは、湿り燃焼ガス量から燃焼による水の生成物空気中の水分を除いたものである。
③真発熱量とは、総発熱量から水蒸気の持っている顕熱を除いたものをいう。
④円形の孔のノズルから噴出するガス量は、エネルギー保存則から導かれ、ノズルの口径の2乗に比例し、ガス圧力の平方根に比例する。











機器1
解答解説
正解は③である。
③真発熱量とは、総発熱量から水蒸気の持っている潜熱を除いたものをいう。

スポンサーサイト

模擬問題(ガス技術) | trackback(1) | comment(0) |


<<ガスの燃焼範囲 | TOP | 供給編の理解度テストです。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/219-65fc5926

まとめtyaiました【ガスの燃焼】
機器1  Bレベル問題ガスの燃焼に関する説明で、誤っているものはどれか。①ガスを完全に燃焼させるために必要な最小の空気量を理論空気量という。実際には、理論空気量だけではガスを完全燃焼させることができず、20~40%の過剰空気が必要である。②乾き燃焼排ガス量?... //まとめwoネタ速neo 2012/06/11 13:39

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR