2012/06/07 (Thu) 放射線透過試験

供給27  Bレベル

問題
 放射線透過試験の説明で、誤っているものはどれか。

①溶接部の試験に用いられる強い透過力を持っている放射線は、波長の短いX線、γ線などの電磁波である。
②放射線フィルムを露光すると、欠陥部は健全部より濃度が薄くなり、試験体内部欠陥の大きさ、形状を知ることができる。
③きずには、第1種から第4種まであり、これを分類して、第1類から第4類に分類する。
④放射線透過試験は、放射線障害に配慮しなければならない。










供給27
解答解説
 正解は、②である。
②放射線フィルムを露光すると、欠陥部は健全部より濃度が濃くなり、試験体内部欠陥の大きさ、形状を知ることができる。

スポンサーサイト

模擬問題(ガス技術) | trackback(1) | comment(0) |


<<緊急措置(地震対策) | TOP | 漏えい修理工法>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/215-1f141c17

まとめtyaiました【放射線透過試験】
供給27  Bレベル問題 放射線透過試験の説明で、誤っているものはどれか。①溶接部の試験に用いられる強い透過力を持っている放射線は、波長の短いX線、γ線などの電磁波である。②放射線フィルムを露光すると、欠陥部は健全部より濃度が薄くなり、試験体内部欠陥の... //まとめwoネタ速neo 2012/06/09 07:06

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR