2012/06/06 (Wed) 漏えい修理工法

供給32  Bレベル

問題
 漏えい修理工法の説明について、誤っているものはどれか。

①高圧導管の貫通に至らない損傷時は、すり傷で、供給上取り換えることが困難な場合、溶接スリーブ工法、それが適用できない場合には、肉盛り溶接工法を用いる。
②高圧導管の応急修理には、応急修理用スリーブ、応急修理用リングを用いる。③高圧導管の点検頻度は、埋設部、架管部、共同溝などの対象ごとに設定される。
④高圧導管は最高レベルでの維持管理が必要であり、高圧導管検査装置は、漏えい磁束法は減肉欠陥を、外部電源法は欠陥の内外面判別を行う。










供給32
解答解説
 正解は、④である。

④高圧導管は最高レベルでの維持管理が必要であり、高圧導管検査装置は、漏えい磁束法は減肉欠陥を、渦流法は欠陥の内外面判別を行う。
 外部電源法は、電気防食の方法である。

スポンサーサイト

模擬問題(ガス技術) | trackback(1) | comment(0) |


<<放射線透過試験 | TOP | 漏えい検査の機器>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/214-1422dcc4

まとめtyaiました【漏えい修理工法】
供給32  Bレベル問題 漏えい修理工法の説明について、誤っているものはどれか。①高圧導管の貫通に至らない損傷時は、すり傷で、供給上取り換えることが困難な場合、溶接スリーブ工法、それが適用できない場合には、肉盛り溶接工法を用いる。②高圧導管の応急修理に... //まとめwoネタ速neo 2012/06/08 20:36

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR