2012/05/23 (Wed) 供給 供給量の変動

供給6  Aレベル
問題
供給量の変動する要因に関する説明で、誤っているものはいくつあるか。

a 気温Tの変化による供給量Qの変動は、2次式で表わされることが多い。
b 供給量と平均気温の回帰式を作成すると、供給量と回帰式の差が生じる。この差(供給量/算出量)を曜日係数と考えることができる。
c 年末年始、ゴールデンウイーク、夏休みなどは、生活パターンが通常と大きく変わる。このような期間の供給量の変化は、気温や曜日以外の要因と考えられる。d 供給量の変動する要因は、気温、水素、曜日、天候、風向、風速、生活環境の変化、大口需要家の停止・稼働など、種々の要因がある。

① 0
② 1
③ 2
④ 4











供給6
解答解説
正解は②である。
a 気温Tの変化による供給量Qの変動は、1次式で表わされることが多い。

スポンサーサイト

模擬問題(ガス技術) | trackback(1) | comment(0) |


<<供給 整圧器の作動 | TOP | 供給 ホルダーの稼働率計算>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/204-c7ee1291

まとめtyaiました【供給 供給量の変動】
供給6  Aレベル問題供給量の変動する要因に関する説明で、誤っているものはいくつあるか。a 気温Tの変化による供給量Qの変動は、2次式で表わされることが多い。b 供給量と平均気温の回帰式を作成すると、供給量と回帰式の差が生じる。この差(供給量/算出量)... //まとめwoネタ速neo 2012/05/23 11:40

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR