2012/05/17 (Thu) 製造 耐震設計

製造30  Cレベル
問題
耐震設計に関する説明で誤っているものはどれか。

①地表面の地震動が設備の地震加速度として、何倍に増幅されて伝達されたかを示す値を応答倍率という。
②ある構造物が共振している時の周期を固有周期、振動数を固有振動数という。
③レベル1地震動とは、設備の供用期間中に発生する確率は低いが、高レベルの地震動をいう。
④貯槽内の内部液体が長周期の地震動により共振する現象をスロッシングという。














製造30
解答解説
正解は③である。
レベル1地震動とは、設備の供用期間中に、発生する確率の高い地震動をいう。レベル2地震動とは、設備の供用期間中に発生する確率は低いが、高レベルの地震動をいう。

スポンサーサイト

模擬問題(ガス技術) | trackback(1) | comment(0) |


<<製造 水質汚濁の防止 | TOP | 製造 生産計画・稼働計画 >>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/200-b22071ca

まとめtyaiました【製造 耐震設計】
製造30  Cレベル問題耐震設計に関する説明で誤っているものはどれか。①地表面の地震動が設備の地震加速度として、何倍に増幅されて伝達されたかを示す値を応答倍率という。②ある構造物が共振している時の周期を固有周期、振動数を固有振動数という。③レベル1地震?... //まとめwoネタ速neo 2012/05/19 03:03

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR