2012/05/11 (Fri) 臭気濃度の測定

製造16  Aレベル
問題
臭気濃度の測定について、誤っているものはどれか。

①臭気濃度の測定方法には、人の嗅覚によりガスの臭気濃度を求めるパネル法と分析機器で濃度を測定し、換算式で臭気濃度を求める付臭剤濃度測定法がある。
②パネル法には、臭気判定者4名以上のパネルにより、臭いの有無を判定し、ガスに臭気濃度を求める方法で、この中には、オドロメーター法、注射器法、におい袋法がある。
③付臭剤濃度測定法は、TBM、THT、DMSの有機硫黄化合物を含む付臭剤を添加したガスに適用される。
④検知管法で測定できる付臭剤は、DMSである。















製造16
解答解説
正解は、④である。
検知管法で測定できる付臭剤は、THT、TBMである。

スポンサーサイト

模擬問題(ガス技術) | trackback(0) | comment(0) |


<<基礎科目の理解度テスト2 | TOP | 付臭剤の物性>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/192-1fa1103b

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR