2012/05/10 (Thu) 付臭剤の物性

製造15   Aレベル
問題
代表的な付臭剤の物性について、正しいものはどれか。

1 硫黄含有量の最も多いのは、TBMである。
2 閾値の最も小さいのは、TBMである。
3 水に対する溶解度が最も小さいのは、DMSである。
4 DMSは、有機溶剤系のツンとした臭いに近い。


















製造15
解答解説
正解は、2である。
1 硫黄含有量の最も多いのは、DMS、次いでTHT、最も少ないのはTBMである。
2 閾値の最も小さいのは、TBMである、次いでTHTとDMSがほぼ同じである。
3 水に対する溶解度が最も大きいのは、DMS、次いでTHT、最も小さいのはTBMである。
4 THTは、有機溶剤系のツンとした臭いに近く、DMSは、にんにくのような臭いを有し、TBMは玉ねぎの腐ったような臭いである。


スポンサーサイト

模擬問題(ガス技術) | trackback(0) | comment(0) |


<<臭気濃度の測定 | TOP | 気化器の物理的性質>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/191-420ef02e

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR