2012/05/08 (Tue) LNG貯槽

製造8
問題   Bレベル
LNG貯槽に関する説明で誤っているものはどれか。
① 国内のLNG貯槽には、地上式では、金属二重殻式、PC式、真空断熱式、メンブレン式がある。
② 金属二重殻式では、内槽の底は平底、側面が円筒、屋根がドーム型で、その外側を同形の外槽で包み、内外槽間にはパーライトなどの断熱材と不活性ガスを充てんした構造になっている。
③ ②の貯槽には、窒素ガスの体積変化を吸収するブリージングタンクが付属し、貯槽の周辺には、防液堤と高発泡設備が設置されている。
④ メンブレン式貯槽では、メンブレンにコルゲーションという波型加工がされ、熱を吸収している。














製造8
解答解説
正解は、①である。
地上式では、金属二重殻式、PC式、真空断熱式、常圧断熱式があり、地下式には、メンブレン式がある。

スポンサーサイト

模擬問題(ガス技術) | trackback(0) | comment(0) |


<<気化器の物理的性質 | TOP | 今年の試験日は9月30日(日)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/189-c3d137c0

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR