2012/04/27 (Fri) 低温装置用材料

基礎63   Bレベル
問題
低温装置用材料に関する説明で、誤っているものはどれか。

① 金属は一般に、温度の低下とともに靱性が低下して、ある温度以下では、急に脆くなる。これを低温脆性という。
②低温脆性は、オーステナイト鋼のような金属に起き、フェライト鋼などには認められない。
③-101℃までは、炭素鋼や低合金鋼が用いられる。
④-101℃以下では、9%ニッケル鋼やオーステナイト系ステンレス鋼等が用いられる。












基礎63
解答解説
正解は、②です。

②低温脆性は、フェライト鋼のような金属に起き、オーステナイト鋼などには認められない。

スポンサーサイト

模擬問題(基礎理論) | trackback(0) | comment(0) |


<<単位の換算 | TOP | 炭素鋼>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/183-11eb05bd

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR