2012/04/25 (Wed) 構造物の基準強さ

基礎57   Aレベル
問題
構造物の基準強さは材料によって異なる。次の材料の説明で、正しいものはどれか。

①延性材料が常温で静荷重を受ける時は、破壊強さ
②脆性材料が常温で静荷重を受ける時は、クリープ限度または、クリープ破壊応力
③高温において静荷重を受ける時は、降伏点または、耐力
④繰返し応力を受ける時は、疲れ限度











基礎57
解答解説
正解は、④です。

①延性材料が常温で静荷重を受ける時は、降伏点または、耐力
②脆性材料が常温で静荷重を受ける時は、破壊強さ
③高温において静荷重を受ける時は、クリープ限度または、クリープ破壊応力
④繰返し応力を受ける時は、疲れ限度

です。

スポンサーサイト

模擬問題(基礎理論) | trackback(0) | comment(0) |


<<炭素鋼 | TOP | 平板壁の伝熱>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/181-ba90c6ae

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR