2012/04/24 (Tue) 平板壁の伝熱

基礎52   Aレベル
問題
 伝熱に関する説明で誤っているものはどれか。

①平板壁が幾枚かの異なる物質の壁が密着してできている場合、単位時間に伝わる熱量は、
  
  Q= ΔT / Σ(Li/Ai・λi)
で表される。

②高温流体から固体へ定常的に熱が流れている場合、乱流域では、固体壁面に近づくにしたがって、わずかに温度が下がり、堺膜内では、急激に温度が下がる。

③二重管の向流熱交換器では、平均温度差は、入口、出口の対数温度差となる。

④実在の固体表面からの全輻射は、同温度の黒体表面からの全輻射より大きく、完全黒体の全輻射に係数がかかり、この係数は、輻射能、または黒度という。





















基礎52
解答解説
正解は、④です。

実在の固体表面からの全輻射は、同温度の黒体表面からの全輻射より小さく、完全黒体の全輻射に係数がかかり、この係数は、輻射能、または黒度という。


スポンサーサイト

模擬問題(基礎理論) | trackback(0) | comment(0) |


<<構造物の基準強さ | TOP | 総括伝熱率>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/180-65361232

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR