2012/04/06 (Fri) 熱力学

基礎14  Bレベル(甲・乙種共通レベル)
問題
熱力学に関する説明で、正しいものはどれか。

①ケルビン温度Tと摂氏の関係tは、t=T+273.15である。

②物体の温度を1℃高めるのに必要な熱量を、比熱という。

③比熱を質量で割ったものを、熱容量という。

④力と力の作用した距離との積を仕事という。
















基礎14
解答解説

正解は、④です。

①は、ケルビン温度Tと摂氏の関係tは、T=t+273.15です。

②は、熱容量の説明です。

③は、熱容量を質量で割ったものを比熱という。

スポンサーサイト

模擬問題(基礎理論) | trackback(0) | comment(0) |


<<日曜ゼミナール ボイルシャルルの法則 | TOP | 分子運動>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/165-8d2e0848

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR