2012/04/02 (Mon) 物質の三態その1

 今年の模擬問題第一号です。この問題はメールマガジンでも配信しています。

基礎1  Bレベル(甲・乙共通レベル)
問題
物質の三態に関する内容で誤っているものはどれか。

① 気体の運動速度は、分子の質量が小さいほど、温度が高いほど大きい。気体は、分子相互の間隔が大きく空いているため、圧縮でき、気体を冷却すると運動エネルギーが減少する。

② 気体が液体に変わる時、体積は著しく小さくなり、分子間引力が強く働き、自由な運動ができない。しかし、分子配置を変える余裕は残されている。

③ 固体は分子が一定の規則にしたがってきちんと配列している結果、気体や液体に比べ変形しにくい。そこで静止しているのではなく、その場所で振動している。

④ ガラスは一見固体のように見えるが、分子の配列が無秩序で、構造上は気体と同一である。これらの物資は、非晶質と呼ばれ、物質の三態とは区別される。
















基礎1
解答解説

誤りは④です。非晶質は、分子の配列は無秩序で構造上は液体と同じである。プラスチックのような高分子化合物も分子が長大で、分子は配列に規則性がない。

スポンサーサイト

模擬問題(基礎理論) | trackback(0) | comment(0) |


<<物質の三態その2 | TOP | メルマガの開始について>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/161-fbc1e3da

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR