2011/09/08 (Thu) 9月8日号都市ガス警報器

問題68 都市ガス警報器
都市ガス警報器の特徴で( )部の誤っているものはどれか。
警報器の自主検査規定では、1(爆発下限界の1/4以下)の濃度で警報を出すように定めている。また実際の警報器は2(下限界の1/25~1/10程度)に調整されている。設置位置は、空気より軽いガスは、警報器を3(天井より30cm以内)に設置し、4(水平距離は15m以内)に設置しなければならない。






正解 4
水平距離は、8m以内です。


スポンサーサイト

模擬問題(ガス技術) | trackback(0) | comment(0) |


<<9月9日号吸収式の原理 | TOP | 9月7日号吸排気方式>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/130-81fcc8d5

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR