2011/09/01 (Thu) 9月1日号水たまり

問題53 水たまり
供給支障の原因となる水たまりの原因に関する記述で、( )部が誤っているものはどれか。
・凝縮水  精製過程を経て、冷却装置で冷却された送出ガスが、なお地中温よりも高い場合は、管内を流れる間に冷却され、1(ガスの温度が露点以下)になったとき、飽和されていた水分ガ管内に凝縮する。
・浸水  地下水圧が管内のガス圧力よりも高い場合に、導管の継ぎ手の不良箇所、腐食孔、亀裂口などから浸水する。従って、2(中低圧導管に発生)する現象である。
・サンドブラスト  上下水道管とガス管とが接近されて埋設されているとき、サンドブラスト現象が起きると、土砂混じり噴流がガス導管の管壁を貫通して、管内へ多量の水が浸入し、3(広範囲にわたる供給支障)を発生させる。






正解 2
 地下水の圧力では、中圧導管には発生しない。


スポンサーサイト

模擬問題(ガス技術) | trackback(0) | comment(0) |


<<9月2日号緊急時の保安体制 | TOP | 8月31日更生修理工法>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/125-8177ada8

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR