2011/08/25 (Thu) 8月25日号 温度変化による熱応力

問題43 温度変化による熱応力
誤りのあるものはどれか。
導管の長さLの一端が自由な場合の温度変化による伸び量は、
1( δ(伸び量)=α(線膨張係数)×T(温度変化幅)×L(導管の長さ))
また、この変化により、ε(ひずみ)は
2( ε(ひずみ)=δ(伸び量) /  L(導管の長さ))
従って、応力は、3(ブシネスクの式)により
 4( σ(応力) =E(ヤング率) ×ε(ひずみ)) 
となる。





正解  3
 応力を導く式の内容は、記述の通りであるが、応力を求めるのは、ブシネスクの式ではなくフックの法則である。ブシネスクの式とは、輪荷重が地中の構造物に与える影響を求める式である。
テキスト供給編95ページを参照して下さい。


スポンサーサイト

模擬問題(ガス技術) | trackback(0) | comment(0) |


<<8月26日号 電池の作用 | TOP | 8月24日号ガスメーター>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/119-92390369

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR