2011/08/22 (Mon) 8月22日号高低差の計算

問題37 高低差の計算
 高所へ供給するガス圧力は、大気圧とガス比重の関係から影響を受けるため、圧力補正する必要がある。基準点から100m高所にある地点の圧力はどうなるか。空気密度は、1.3kg/m3, 重力加速度は、9.8m/s2,ガス比重は、0.65 とする。




正解
 圧力は、基準点から約0.5kpa上昇する。
P=高低差m×空気密度1.3kg/m3 ×重力加速度9.8m/s2×(1―比重)/ 1,000
で、高低差に100、比重に0.65 を代入すると、P=0.45(kpa)となる。


スポンサーサイト

模擬問題(ガス技術) | trackback(0) | comment(3) |


<<8月23日号整圧器の動作 | TOP | 8月19日号計測機器>>

comment











管理人のみ閲覧OK


気体の高低差 

正解 圧力は、基準点から約0.5kpa上昇する。
P=高低差m×空気密度1.3kg/m3 ×重力加速度9.8m/s2×(1―比重)/ 1,000
で、高低差に100、比重に0.65 を代入すると、P=0.45(kpa)となる。

という記述ですが液体の場合はρgH分下がります。
気体の場合はなぜ上昇するのでしょうか?

2011/08/29 09:04 | rouko [ 編集 ]


Re: 気体の高低差 

> 正解 圧力は、基準点から約0.5kpa上昇する。
> P=高低差m×空気密度1.3kg/m3 ×重力加速度9.8m/s2×(1―比重)/ 1,000
> で、高低差に100、比重に0.65 を代入すると、P=0.45(kpa)となる。
>
> という記述ですが液体の場合はρgH分下がります。
> 気体の場合はなぜ上昇するのでしょうか?

ガスは空気より軽いため、自由大気中では上昇しようとします。1(空気の比重)-ガスの比重(通常0.6程度)分、上昇しようとする圧力がかかります。実際高層ビルなどでは、圧力の上昇を防止する装置を設置して対応しています。液体の場合は、比重が気体と全然違いますので考えたことありませんが。 管理人

2011/08/29 21:56 | 管理人 [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/08/30 08:44 | [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/116-5b9c1520

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR