2011/08/09 (Tue) 8月9日金属材料

問題22 金属材料
 金属材料の応力とひずみの関係を表すもので、下記は正しいか。
 脆性材料(鋳鉄管など)は、応力が一定に達するとすぐには破断してしまうが、延性材料(軟鋼など)は、応力が一定の値に達した後も、どんどん延びてなかなか破断しない。





正解 正しい
 応力・ひずみ曲線の問題です。応力ひずみ曲線は、横軸にひずみ、縦軸に応力をとります。
 軟鋼のような延性材料は、応力が一定の値に達した後も、どんどん延びてなかなか破断しません。 ねずみ鋳鉄のような脆性材料は応力が一定に達するとすぐには破断してしまいます。経験からわかりますね。


スポンサーサイト

模擬問題(基礎理論) | trackback(0) | comment(0) |


<<8月10日号単位 | TOP | 8月8日号レイノルズ数>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/106-2bf4ef26

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR