2011/04/14 (Thu) 供給分野の学習方法

このページは、製造分野の学習方法について、解説してあります。この内容は、東京ガス㈱杉森氏の協力により、作成しました。
 
<供給編出題傾向>
(分野) (出題) (項目)
供給計画と供給管理1問 供給方式の分類、供給計画、導管の口径決定と圧力解析、供給管理
整圧器とその種類 1問 整圧器の種類、特性、設置上の留意点、付属設備、維持管理、集中管理システム、高圧
ガスメーター   1問 ガスメーターの種類、構造と機能、必要条件、故障、検定、マイコンメーター
導管の設計 1問 導管の種類、材料、接合、設計の工程、導管構造の設計、バルブ、架管、共同溝
防食設計   1問 腐食の実態、腐食の種類と腐食原因、防食の概要、防食設計
供内管の防食対策 1問 工事の計画、着工準備、掘削工事、非開削工事、配管工事、供内管の工事、埋め戻し等
溶接と非破壊試験 1問 溶接の概要、アーク溶接、溶接管理、非破壊試験、溶接欠陥、安全衛生
維持管理   1問 漏えいの原因と対策、漏えい修理、供給支障、維持管理作業、緊急時の保安体制
地震対策     1問 地震対策

<供給編ワンポイントアドバイス>
1.ガス技術27問(製造9問、供給9問、消費機器9問)出題中、20問を選択して解答する。
2. 皆様が日頃業務で携わっているため、有利な分野である。ガス工作物を実際に見たり触れたりする事が一番の勉強になるからだ。しかし、それゆえナメて掛かってしまう人がいる。仕事上の知識と試験に合格するために必要な知識には違いがあることをよく認識した上で勉強に取り組んでもらいたい。ここではなんとしても9問中、6問以上は狙いたい。
3.全分野にわたり万遍なく出題されており、非常に的が絞りづらい。しかし、過去5年間の出題傾向を見ると、3回以上出題されテーマが7つある。従って、この分野は、反復学習が大変有効である。何度も繰り返し解答して、それでも納得いかない所を白本で補足するといった感じだ。もちろん時間に余裕のある人は、白本を隅から隅までじっくり読み込んでもらいたい。

スポンサーサイト

試験の学習法 | trackback(0) | comment(0) |


<<消費機器の学習法 | TOP | 製造分野の学習方法>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/tb.php/10-08129e5b

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR