mitukamii2
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/
World Wide Weblog
5月12日号 甲種供給 整圧器の故障
2014-02-07 Fri 08:00
問題  整圧器の機種、異常現象とその原因の組合わせで、正しいものはどれか。

① 直動式 ・・整圧器の能力不足 ・・二次圧上昇
② レイノルド式・・ニードルバルブの開度オーバー・・二次圧上昇
③ フィッシャー式・・パイロットオリフィスのさび詰まり・・二次圧上昇
④ アキシャルフロー式・・絞り開度オーバー・・二次圧低下
⑤ アキシャルフロー式・・下流ゴムスリーブ破損・・二次圧低下




















解答  ④が正しい。
① 直動式    ・・整圧器の能力不足 ・・二次圧低下
② レイノルド式・・ニードルバルブの開度オーバー・・二次圧低下
③ フィッシャー式・・パイロットオリフィスのさび詰まり・・二次圧低下
⑤ アキシャルフロー式・・下流ゴムスリーブ破損・・二次圧上昇

スポンサーサイト
別窓 | 模擬問題(ガス技術) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
5月8日号  供給乙種  高低差の計算
2014-02-06 Thu 08:00
問題 低圧供給でガス比重0.6の場合、標高が10m高いと、高い地点ではガス圧力はどう変化するか。

① 約0.05Kpa圧力は低下する
② 約0.5Kpa圧力は低下する
③ 変化はない
④ 約0.05Kpa圧力は上昇する。
⑤ 約0.5Kpa圧力は上昇する

















解答  ④が正解
④ P=h・A・g/1000・(1-S) P:圧力 h:高低差 A:空気密度1.293 g:重力加速度9.8  S:空気に対するガス比重 
 
  P=10×1.293×9.8/1000×(1-0.6)
  
  =0.0507 ≒0.05

別窓 | 模擬問題(ガス技術) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
5月5日号 甲種供給 供給計画と供給管理
2014-02-05 Wed 08:00
問題 供給計画・供給管理に関する次の説明のうち、誤っているものはどれか。

① ガスホルダーの機能は、幾つかあるが、ガス需要の時間変動に対して、製造設備が対応できないガス量を補給し、供給を確保するのが最も大切な役割である。
② 低圧導管の末端圧力は、供給約款で定めるガス栓出口の最低圧力に供給管、内管及びガスメーター通過の際の圧力低下分を加えた値を用いる。
③ ハーディクロス法とは、仮定した流量をもとに、補正計算を繰り返すことにより、流量を求めるもので、水道の導管網を解析する方法として考案されたものを、ガス導管網に適用したものである。
④ 動的解析法とは、刻々と変化する導管の圧力、流量等を時間とともに解析する方法で、微分方程式で与えられる連続の式、運動方程式、エネルギー保存式を連立させて、種々の数値解析法で圧力、流量の時間変化を求めるものである。
⑤ 1日のガス需要の気温変化は、供給量をQ、日平均気温をTとすると、 Q=a×T+b (a、bは定数) で近似できる。



















解答 ⑤が誤り。
⑤ 一般に、気温が低下すると供給量は伸びるため、Q=ーa×T+b で表される。


別窓 | 模擬問題(ガス技術) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
5月1日号 製造乙種  非破壊検査
2014-02-04 Tue 08:00
問題 非破壊検査に関する次の組合せのうち、誤っているものはどれか。

① 放射線透過試験  内部検査    健全部と欠陥部を透過する放射線の強さの違い
② 超音波探傷試験  内部検査    内部の欠陥又は不均一層からの超音波の反射
③ 渦流探傷試験   内部・表面検査 欠陥のコイルに誘起する電圧、電流の変化
④ 磁粉探傷試験   内部検査    鉄粉を凝集吸着させ、磁粉模様により検出
⑤ 浸透探傷試験   表面検査    けい光性液を浸透させ、現像液で変色させる




















解答 ④が誤り。
磁粉探傷試験は、表面検査である。 
別窓 | 模擬問題(ガス技術) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
4月28日号 製造甲種 製造設備の耐震設計
2014-02-03 Mon 08:00
問題 製造設備の地震対策に関する記述のうち、誤っているものはどれか。

① 想定する地震動のうちレベル2とは、供用期間中に発生する確率の高い地震動である。
② 設計地震動は、地震動のレベル、設備重要度、地域特性、地盤特性を考慮し、算定する。
③ 静的震度法による設計静的水平震度は、設計地震動に、設備の地表面からの高さにより定まる値を乗じて求める。
④ 修正震度法による設計修正水平震度は、水平地震動に、地域区分、地盤種別に応じ、基準応答倍率に設備の減衰係数から求まる補正係数を乗じて得られる値を乗じる。
⑤ 特に重要度の高い設備や一次固有振動数が小さく、それ以上の固有振動数を無視することができない場合は、動的解応答解析法を行い、修正震度法での設計に対して安全照査を行う場合がある。




















解答 ①が誤り。
① 想定する地震動のうちレベル2とは、供用期間中に発生する確率は低いが高レベルの地震動である。

別窓 | 模擬問題(ガス技術) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
4月24日号  製造甲種 電気設備
2014-02-02 Sun 08:00
問題 電気設備に関する次の説明のうち、誤っているものはどれか。

① 電気事業法令による電圧の種類で、低圧は直流750V、交流600V以下の電圧で、実際に使われるのは、100V、200V、415V等である。
② 受電設備は、万一、事故が発生した場合、保護装置により一刻も早く故障点を系統から切り離すことで、被害を最小限に留め、他エリアに影響を与えないようにしておくことが最も合理的であり、保護装置としては、避雷器、ヒューズ、保護継電器と遮断器の組合せ等がある。
③ UPSの原理は、交流入力を整流部で直流に変換し蓄電池に充電するとともに、インバータ部で一定電圧、一定周波数の交流に変換後、出力される。従って停電時は、蓄電池の放電によりインバータ部を経由して交流出力される。
④ かご形誘導電動機の長所は、安価で取り扱いが容易、ほとんどの負荷に利用できることなどがある。短所は、力率が比較的低く、速度調整が困難等である。ポンプ、ファン、ブロワーなどに利用される。
⑤ 電気設備の防爆で、第一類危険箇所とは、通常の状態において、ガス又は蒸気が爆発の危険のある濃度に達する恐れが少なく、又は達している時間が短い箇所をいう。
























解答 ⑤が誤り。
⑤ 電気設備の防爆で、第一類危険箇所とは、通常の状態において、危険箇所及び第2類危険箇所に該当しない箇所をいう。問題文は、第二類危険箇所の説明である。



別窓 | 模擬問題(ガス技術) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
4月21日号  製造乙種 温度計
2014-02-01 Sat 08:00
問題
 温度計に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

① 測温抵抗体は、金属の電気抵抗が温度上昇によって増加する特性を利用している。
② 熱電対は、閉回路の両端に温度差が与えられると電流が流れるドップラー効果を利用したものである。
③ バイメタルは、膨張率の異なる金属を張り合わせて収縮差による変形で温度を指示させる。
④ 圧力式は、感熱部に窒素、水銀、エーテルなどを封入し、温度による体積膨張をブルドン管で指示させる。















解答 ②が誤り。
② 熱電対は、閉回路の両端に温度差が与えられると電流が流れるゼーベック効果を利用したものである。


別窓 | 模擬問題(ガス技術) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| ガス主任技術者試験取得の応援ページ |
2006-2014 template by [ALT-DESIGN@clip].