mitukamii2
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/
World Wide Weblog
ガス主任技術者試験問題の分析(消費機器分野)
2012-11-21 Wed 07:27
(1) 出題傾向
 ガス技術科目は27問のうち20問を試験問題を見て選択する。消費機器分野は9問出題されるため、計算上7問程度の選択となる。また、ガス事業の中でも消費機器分野の従事者は多く、その方たちにとっては、得点源としたい分野である。
 例年の出題傾向は、年によって変動があるが、第19問ガスの性質・燃焼、第20問燃焼方式、第21問家庭用機器、第22問温水機器、第23問コジェネ・GHP、第24問燃料電池、第25問換気・吸排気、第26問警報器、第27問安全装置、となっている。ただし、年によっては伝熱、換気、業務用などが出題される。
出題傾向として、絞り込みやすい部分は、第19問ガスの性質と燃焼、第20問燃焼方式、第24問換気・給排気くらいで、残りの大部分はまんべんなく出題され、絞り込みが難しい。ただし、ガス機器の調整や地域冷暖房等は全く出題されたていない。
平成24ン年度試験を例にとると、過去5年間の類題の出題は、甲種が約50%、乙種が約40%であった。

(2) 対策
出題傾向からわかるように、消費機器分野は、製造、供給分野に比べて最も得点を挙げにくい分野である。
テキストか絞り込みやすい部分は、ガスの性質・燃焼、燃焼方式、換気・給排気の3題分をAレベルして学習したい。特にガスの性質・燃焼は、基礎科目と重複するため、ぜひ失点しないようにしたい。
次に、過去5年で出題された内容を中心に、Bレベルとして学習し、6問中、3問程度の得点を目指したい。
残りはCレベルとして、出題された時点で選択を考える。これにより、9問中6問程度の正解を目指したい。

スポンサーサイト
別窓 | 試験の学習法 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
ガス主任技術者試験問題の分析(供給分野)
2012-11-03 Sat 06:09
(1) 出題傾向
 ガス技術科目は27問のうち試験問題を見て20問を選択する。供給分野は9問出題され、計算上は7問程度の選択となる。供給分野に従事する人は比較的多いため、得意科目として全問選択する方も多いだろう。例年の出題傾向は、概ね下記の通りである。

第10問 供給計画・供給管理 第11問 整圧器        第12問 ガスメーター
第13問 導管の設計    第14問 防食設計と防食管理 第15問 導管の工事
第16問 溶接と非破壊検査 第17問 導管の維持管理第  第18問 地震対策

 平成24年度試験を例に取れば、過去5年の過去問題が出題された割合は、甲種が約60%、乙種が約70%であった。また、過去5年の出題のうち、出題内容が特定の項目に集中しているのは、ガスメ-ター、防食、溶接、地震対策であり、テキストの分量が多く、出題内容がばらけているのは、導管の設計、導管の工事、導管の維持管理であった。

(2) 対策
 出題頻度が高く、テキストも絞り込めるのが、第12問のガスメーター、第14問の防食、第16問の溶接、第18問の地震対策である。ここはAレベルとしてぜひ満点を取れるようにしたい。

 また、それ以外の各分野でも、過去5年で出題された内容を中心に学習し、Bレベルとして、2~3問の正解を目指したい。中でも供給計画、整圧器は比較的問題を絞りやすいため、重点的に学習されたい。

 過去5年で出題されていないか、枝問で出題された程度のものは、Cレベルとして、出された時点で選択を判断することになる。これにより、供給分野9問中、6~7問の正解を目指したい。




別窓 | 試験の学習法 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
| ガス主任技術者試験取得の応援ページ |
2006-2012 template by [ALT-DESIGN@clip].