mitukamii2
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/
World Wide Weblog
ガス主任技術者試験問題の分析(製造分野)
2012-10-27 Sat 20:17
 ガス主任技術者試験の問題集の改訂作業をやっている。その中で試験問題の分析をして、傾向と対策を書いているため、その一部を紹介する。今回は製造分野。

(1) 出題傾向
 製造分野はガス技術科目27問のうち9問出題される。ガス事業の中でも製造部門は比較的合理化が進んだ分野で従事者が少なく、従ってこの分野を苦手とする受験者も多い。得点できる範囲で得点するというスタンスで臨むとよい。
 例年の出題傾向は、第1問はLNGの取扱い、第2問は製造設備、第3問は熱調・燃焼性管理、第4問が付臭、第5問が自動制御か計測機器、第9問が環境か省エネルギーである。第6~第8問は、年によって異なり、電気、設備レイアウト、耐震、溶接欠陥、保全、劣化、生産計画、日常の運転管理、保安防災、停電対策など絞り込みずらい。また、乙種は前年以前に甲種で出題された内容が出題されることがある。
 平成24年試験問題を例にとると、出題内容は過去5年で出題された類題が甲乙とも40~50%を占めた。内訳は、難易度が相当高いものからガス事業者の常識で解ける問題まで混在している。

(2) 対策
 出題頻度が高く、テキストも絞り込めるのが、第1問のLNGの取扱い、第3問の熱調・燃焼性、第4問の付臭、第5問の自動制御・計測機器、第9問の環境・省エネルギーであり、これをAレベルとして学習してぜひ得点したい。
 また、製造設備、建設保全、操業、保安防災の分野で過去5年に出題されたものをBレベルとして過去問題や類題を学習し、可能な限り得点を目指す。
 最後に過去5年で出題されていないか,枝問で出題された程度のものはCレベルとして、出題された時点で選択することとしたい。これにより、製造分野9問中、6~7問の正解を目指したい。



スポンサーサイト
別窓 | 試験の学習法 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ガス主任技術者試験 試験問題の分析(基礎科目編)
2012-10-18 Thu 07:25
乙種ガス主任技術者試験 模擬問題集~ポケット版~乙種ガス主任技術者試験 模擬問題集~ポケット版~
(2011/11/30)
上井 光裕

商品詳細を見る

 9月末に年1回のガス主任技術者試験が開催された。1週間後に問題と解答が公表されたため、現在、上記アフィリエイトの模擬問題集について、24年度問題を入れて改訂中だ。

この中で今年の本試験の問題を分析し、どのように学習するかを検討した。今回は基礎科目。基礎科目は、15問、このうち10問を受験者が選択する。かなり受験者に有利な科目だ。

 まずは甲種から。甲種は、過去5年で出題された類似問題が約50%出題されている。また、別の角度では、出題されたうち基礎的問題が約1/3,残り2/3は、過去5年に出題された類似問題が1/3,初めて出題された事項が1/3の割合である。従って、基礎的事項と、過去5年で出題された事項をマスターすれば、2/3になり,選択制を考えると、計算上は満点である。

 また、乙種は出題15問中、過去5年に出題された類題が何と3/4である。しかし、出題された類似問題も、反応速度の自然対数の問題や空気比の問題など乙種のレベルを超える難しい問題も含まれている。この対策としては、過去5年で出題された事項から難易度の高いものを除き約2/3,これをマスターすれば選択制だから満点が取れる。

 改訂する問題集もこの分析に従って作成しています。発行は来年初めかな・・受験者の方、しばらくお待ち下さい。
別窓 | 試験の学習法 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| ガス主任技術者試験取得の応援ページ |
2006-2012 template by [ALT-DESIGN@clip].