mitukamii2
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/
World Wide Weblog
特監法の目的・用語の定義など
2012-09-28 Fri 08:00
法令67 
問題
 特監法に関する記述で、誤っているものはいくつあるか。

a 特監法の目的は、「特定ガス消費機器の設置又は変更の工事の欠陥に係るガスによる災害の発生を防止するため、これらの工事の監督に関する義務等を定めることを目的とする。」
b ガスバーナー付ふろがま、ガスバーナーを使用できる構造のふろがまは、特定ガス消費機器である。
c ガス湯沸器で、ガス消費量が12kwを超えるガス瞬間湯沸器、その他のもので7kwを超えるものは特定ガス消費機器である。
d 特定工事とは、特定ガス消費機器の設置又は変更の工事(軽微な工事を除く) である。

(1) 0
(2) 1
(3) 2
(4) 3





















法令67
解答解説
正解は、(1)である。
全て正しい。


今年度の模擬問題は、これで最後です。本番は頑張ってください。
スポンサーサイト
別窓 | 模擬問題(法令) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
強制排気の排気筒の技術基準
2012-09-27 Thu 08:00
法令66 
問題
 強制排気の排気筒の消費機器の技術上の基準で、誤っているものはいくつあるか。
  なお、強制排気式とは
a 外壁を貫通する場合には、当該排気筒と外壁等の間に排気ガスが屋内に流れ込む隙間がないこと。
b 自然排気式の燃焼器の排気筒であって排気扇を接続するものは、自重、風圧、振動等に対して、十分耐え、かつ各部の接続部及び排気筒と燃焼器の排気部との接続部が容易に外れないように堅固に取り付けられていること。
c 形状は、排気ガスが機器の吸気口(機器又は排気筒に逆風止めを取り付ける場合にあっては、逆風止め開口部)から流出しないよう内径が十分に確保されるものであること。
d 凝縮水等がたまりにくいよう取り付けること。

(1) 0
(2) 1
(3) 2
(4) 3












法令66
解答解説
正解は、(2)である。
c 形状は、排気ガスが機器の吸気口(機器又は排気筒に逆風止めを取り付ける場合にあっては、逆風止め開口部)から流出しないよう風量が十分に確保されるものであること。

別窓 | 模擬問題(法令) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
消費機器の調査義務
2012-09-26 Wed 08:00
法令60 
問題
 消費機器の調査義務に関する規定で誤っているものはいくつあるか。

a ガス事業者は、消費機器が技術上の基準に適合しているかどうかを3年度に1回以上調査しなければならない。
b 対象となる消費機器には、ガス湯沸器・ガスふろがま(不完全燃焼防止装置付のもの、密閉燃焼式のもので特監法による表示が付されているもの又はこれと同等の安全性を有すると大臣が認めたものを除く)がある。
c 対象となる消費機器には、bの排気筒及び排気筒に接続される排気扇 がある。
d 対象となる消費機器には、特定地下街等に設置されている燃焼器、特定地下室等に設置されている燃焼器 がある。

(1) 0
(2) 1
(3) 2
(4) 3











法令60
解答解説
正解は、(2)である。
a ガス事業者は、消費機器の技術上の基準に適合しているかどうかを40月に1回以上調査しなければならない。 

別窓 | 模擬問題(法令) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ガス用品の規制
2012-09-25 Tue 08:00
法令55  
問題
 ガス用品の規制に関する記述で、誤っているものはいくつあるか。

a 経済産業大臣は、届出事業者が基準適合義務に違反していると認める場合には改善命令を出すことができる。
b 経済産業大臣は、「ガス用品が基準適合しておらず、災害の発生を防止するため特に必要と認めるとき」は、届け出事業者に対し、1年以内の期間を定めて表示を付すことを禁止できる。
c 経済産業大臣は、「ガス用品の製造・輸入又は販売の事業を行う者が、無表示のガス用品を販売したこと」により災害が発生する恐れがあると認める場合、ガス用品の回収、災害の拡大を防止するため必要な措置をとるべきことを命じなければならない。
d 経済産業大臣は、「届出事業者が技術基準に適合しないものを製造、輸入又は販売したこと」により災害が発生する恐れがあると認める場合、ガス用品の回収、災害の拡大を防止するため必要な措置をとるべきことを命ずることができる。

(1) 0
(2) 1
(3) 2
(4) 3












法令55
解答解説
正解は、(2)である。
c 経済産業大臣は、「ガス用品の製造・輸入又は販売の事業を行う者が、無表示のガス用品を販売したこと」により災害が発生する恐れがあると認める場合、ガス用品の回収、災害の拡大を防止するため必要な措置をとるべきことを命ずることができる。

-

別窓 | 模擬問題(法令) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
補強固定措置の防護基準
2012-09-24 Mon 08:00
法令48 
問題
技術基準で定める防護の基準で、補強、固定措置が必要な場合の措置について、正しいものいくつあるか。

a 印ろう型接合部には、漏えいを防止する適切な措置を講ずること。
b 直管以外の管の接合部であって特定接合又は告示で定める規格に適合する接合以外の方法によって接合されているものには、漏えいを防止する適切な措置を講ずる。
c 特定接合とは、溶接、フランジ、融着接合である。
d 曲り角度が45°を超える曲管部・分岐部・管端部には、導管の固定措置を講ずること(ただし、露出部分の接合部が全て特定接合又は告示で定める規格に適合する接合である場合は不要。)

(1) 1
(2) 2
(3) 3
(4) 4


















法令48
解答解説
正解は、(1)である。
b 直管以外の管の接合部であって特定接合又は告示で定める規格に適合する接合以外の方法によって接合されているものには、抜け出しを防止する適切な措置を講ずる。
c 特定接合とは、溶接、フランジ、融着、ねじ接合である。
d 曲り角度が30°を超える曲管部・分岐部・管端部には、導管の固定措置を講ずること(ただし、露出部分の接合部が全て特定接合又は告示で定める規格に適合する接合である場合は不要。)



・ 

別窓 | 模擬問題(法令) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
高圧又は中圧の本支管でガス遮断装置を設置すべき場所
2012-09-20 Thu 08:00
法令39
問題
高圧又は中圧の本支管でガス遮断装置を設置すべき場所として正しいものはどれか。

(1) 適切な場所
(2) 特定地下街等において災害が発生した場合に、当該災害により妨げられない場所
(3) 屋内、屋外から容易に出入りできる箇所等
(4) 導管が当該建物の外壁を貫通する箇所の付近










法令39
解答解説
正解は、(1)である。



別窓 | 模擬問題(法令) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
付臭が必要ないもの
2012-09-19 Wed 08:00
法令33
問題
 技術基準の定める付臭が必要のないものは、いくつあるか。

a 中圧以上のガス圧力により行う大口供給の用に供するもの。
b 適切な漏えい検知装置が適切な方法により設置されているもの(低圧により行う大口供給の用に供するもの及びガスを供給する事業を営む他の者に供給する者に限る。)
c ガスの空気中の混合容積比率が1/1000である場合に臭気の有無が感知できるもの。
d ポリエチレン管のみで供給するもの。

(1) 0
(2) 1
(3) 2
(4) 3








法令33
解答解説
 正解は、(4)である。
d は誤り、このような記述はない。



別窓 | 模擬問題(法令) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ガス工作物の主要材料
2012-09-18 Tue 08:00
法令27
問題
 ガス工作物の主要材料は、最高使用温度及び最低使用温度において材料に及ぼす化学的及び物理的影響に対し、設備の種類、規模に応じて安全な機械的性質を有するものでなければならないとされている。これに該当する材料はいくつあるか。
a ガス発生設備の内面に0Paを超える圧力を受ける部分
b ガスホルダーのガスを貯蔵する部分
c 導管及びガス栓
d 整圧器に取り付けるガス加温装置の内面に0Paを超える圧力を受ける部分

(1) 1
(2) 2
(3) 3
(4) 4


法令27
解答解説
 正解は、(3)である。
dは、整圧器に取り付けるガス加温装置のガスを通ずる配管


- 

別窓 | 模擬問題(法令) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
乙種の保安監督範囲
2012-09-17 Mon 08:00
法令15   
問題
乙種ガス主任技術者免状で保安の監督をできる範囲で、正しいものはいくつあるか。

a 最高使用圧力が、高圧、中圧、低圧のガス工作物の工事、維持、運用
b 最高使用圧力が、高圧の液化ガス用貯槽(液化ガスを貯槽するものに限る)の工事、維持、運用
c 最高使用圧力が高圧の移動式ガス発生設備の工事、維持、運用
d 特定ガス工作物の工事、維持、運用










(1) 1
(2) 2
(3) 3
(4) 4

法令15
解答解説
正解は、(3)である。
最高使用圧力が、高圧、中圧、低圧のガス工作物の工事、維持、運用は、甲種の範囲である。 法32条、規37条を参照のこと

別窓 | 模擬問題(法令) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
2012 ガス主任技術者試験 直前対策(法令科目)
2012-09-15 Sat 17:58
2012ガス主任技術者試験 直前対策(法令科目)

2012 ガス主任技術者試験 直前対策 (法令科目)けんてーごっこ
別窓 | 復習テスト・模擬テスト | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
2012 ガス技術者試験 直前対策 (消費機器科目)
2012-09-15 Sat 10:30
 直前対策(消費機器科目)です。

2012 ガス主任技術者試験 直前対策 (消費機器科目)けんてーごっこ
別窓 | 復習テスト・模擬テスト | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
法25条の2 業務の方法を改善
2012-09-14 Fri 08:00
法令9   
問題
法25条2では、一般ガス事業者に対し、その供給の業務の方法を改善すべきことを命ずることができるが、次のうち誤っているのはいくつあるか。

a 事故によりガスの供給に支障を生じている場合に、その支障を除去するために必要な修理その他の措置を速やかに行わないとき。
b 消費機器に関する周知、調査において、調査もしくは通知をせず、または、その調査もしくは通知の方法が適当でないとき。
c ガスの供給の方法が適切でないため、ガスの使用者の利益を阻害していると認めるとき。
d ガス工作物を技術上の基準に適合するよう維持しなければならないが、これに違反したとき。

① 1
② 2
③ 3
④ 4


法令9
解答解説
正解は①である。

d ガス工作物が技術上の基準に適合していないと認めるときは、大臣は一般ガス事業者に対し、その技術上の基準に適合するようにガス工作物を修理し、改造し、もしくは移転し、もしくはその使用を一時停止すべきことを命じ、またはその使用を制限することができる。


別窓 | 模擬問題(法令) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
用語の定義
2012-09-13 Thu 08:00
法令3
問題    
法令で規定する用語で正しいものはいくつあるか。

a ガス用品とは、主として一般消費者等(液化石油ガス法に規定する一般消費者等をいう)ガスを消費する場合に用いられる機械、器具または材料(液化石油ガス器具等を除く)であって、政令で定めるものをいう。
b 特定ガス用品とは、構造、使用条件、使用状況等からみて特にガスによる災害の発生の恐れが多いと認められるガス用品であって、政令で定めるものをいう。
c 消費機器とは、ガスを消費する場合に用いられる機械または器具(附属装置を含む)をいう。
d 熱量とは、標準状態の乾燥したガス1m3中で測定される真発熱量をいう。

① 1
② 2
③ 3
④ 4













法令3
解答解説
正解は③である。

d 熱量とは、標準状態の乾燥したガス1m3中で測定される総熱量をいう。

別窓 | 模擬問題(法令) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
業務用機器
2012-09-12 Wed 08:00
機器36  Bレベル
問題
業務用機器に関する説明で誤っているものはどれか。

(1)ガス貯湯湯沸器とは、貯湯槽内にあらかじめ貯えた水を設定した湯温になるように加熱する給湯用のガス機器である。貯湯槽が密閉されており、10mを超える水頭がかからず、かつ伝熱面積が4m2以下のものをいう。
(2)ホテル、学校などの大量給湯は従来温水ボイラーと貯湯槽の組み合わせであったが、給湯能力一定以上の瞬間湯沸器ユニットを複数台設置し、給湯量に応じて台数制御するのがマルチ温水機である。
(3)ロードヒーティングとは、道路、歩道、駐車場など地面の雪を溶かし、また凍結防止のために地面の温度を上げる設備のことで、積もった雪を解かすのでが目的である。
(4)ガス燈の構造はガスを燃焼させ裸火に、発光剤を吸収させた綿糸などで編んだマントルをかぶせることによって化学反応が起こり光を発する。










機器36
解答解説
正解は(3)である。
(3)ロードヒーティングとは、道路、歩道、駐車場など地面の雪を溶かし、また凍結防止のために地面の温度を上げる設備のことで、積もった雪を解かすのではなく、積もる前に融雪することを目的としている。

別窓 | 模擬問題(ガス技術) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
警報器
2012-09-11 Tue 08:00
機器33   Cレベル
問題
警報器に関する説明で、誤っているものはどれか。

①業務用厨房不完全燃焼警報センサーが設置される前は、業務用ガス機器は、人体に悪影響を及ぼさない程度の一過性のCOを点火時に発生することがあり、このような時でも警報を発生してしまうため、警報器本体の取り外しや電源を抜くなどの場合があった。
②業務用厨房不完全燃焼警報センサーのロジックは、検知タイミングごとにCO濃度に基づき、血中COヘモグロビン濃度の推定演算を行い、値が設定値に達したときに警報を発する。
③火災警報器は、2004年に法令が改正され、既存住宅を除く全国の住宅に住宅用火災警報器等の設置が義務付けられた。
④火災警報器の検知原理には、煙式と熱式(定温式)がある。











機器33
解答解説
正解は③である。
③火災警報器は、2004年に法令が改正され、既存住宅を含めて全国の住宅に住宅用火災警報器等の設置が義務付けられた。

別窓 | 模擬問題(ガス技術) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ガス機器の安全装置
2012-09-10 Mon 08:00
機器27   Bレベル
問題
ガス機器の安全装置についての説明のうち、誤っているものはどれか。

①転倒時安全装置とは、ファンヒーターでは、傾斜を鋼球の移動で検出してガス回路を遮断するものである。
②調理油過熱防止装置とは、サーミスタにより鍋底の温度を検知してガス回路を遮断する。
③消し忘れ防止装置とは、回路電流の不均衡分を零相変流器で検知し、電源を遮断する。
④再点火防止装置とは、不完全燃焼防止装置が起動するまでの時間の繰り返し使用により、装置が故障するなどの現象を防止するため、不完全燃焼防止装置が連続して3回作動した際に、機器の再点火を防止するものである。











機器27
解答解説
正解は③である。
③消し忘れ防止装置とは、電気式タイマーにより連続一定時間経過すると回路を遮断する。問題文③の説明は、漏電安全装置である。


別窓 | 模擬問題(ガス技術) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
点火時安全装置
2012-09-07 Fri 08:00
機器26   Bレベル
問題
点火時安全装置に関する説明で、誤っているものはどれか。

①点火時安全装置とは、燃焼室を持つガス機器の残留未燃ガスによる爆発点火を防止するためのものである。
②点火時安全装置は、センサーの種類によって風量を検知する方式と風速を検知する方式、ファン回転数を検知する方式がある。
③ファン回転検知方式のうちホールIC式とは、燃焼用ファン軸に取り付けたマグネットの磁界によりホールICを動作させ、回転数を検出する。
④ファン回転検知方式のうちフォトインタラプタ式とは、回転板に取り付けたスリットでフォトインタラプタの発行側の光を継続的に受光側に与えることにより回転を検出するものである。












機器26
解答解説
正解は②である。
②点火時安全装置は、センサーの種類によって風量を検知する方式と風圧を検知する方式、ファン回転数を検知する方式がある。

別窓 | 模擬問題(ガス技術) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
温水機器
2012-09-06 Thu 08:00
機器19  Cレベル
問題
温水機器の説明で、誤っているものはいくつあるか。

a 先止め式は、湯を使用する場所に設置するもので、元止め式は、複数の水栓に給湯できる。
b 瞬間湯沸かし器の能力を示す「号」は、1号は、水温から25℃上昇させたお湯を1分間に1ℓ出せる能力である。
c BF式風呂釜の給排気のバランスを崩すと不完全燃焼や立ち消えの原因となるので、給排気トップの周囲に障害物があってはならない。
d 壁貫通式風呂釜は、浴槽を30cm大きくでき、シャワー・給湯使用時に追いだきが可能である。

① 0
② 1
③ 2
④ 3












機器19
解答解説
正解は②である。
a 元止め式は、湯を使用する場所に設置するもので、先止め式は、複数の水栓に給湯できる。

別窓 | 模擬問題(ガス技術) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
温水機器の機能
2012-09-05 Wed 08:00
機器18   Bレベル
問題
温水機器の機能について、誤っているものはどれか。

①淡燃焼バーナーの両脇に濃燃焼バーナーを配置し、NOX濃度が低く、かつCOや未燃ガスの発生が少ない安定した火炎を形成するバーナーを濃燃焼バーナーという。
②給湯器の経年劣化により燃焼状態が悪化してきた時、その状態を機器自体が診断し、レベルに応じた安全動作と利用者への報知を行う機能を自己診断機能と呼ぶ。
③負荷に応じてガス比例弁によりガス量を、燃焼ファンにより空気量を制御し、最適な燃焼になるように、制御することを空気比制御という。
④冷水サンドイッチ現象を解消するのがQ機能である。











機器18
解答解説
正解は、③である。
 ③負荷に応じてガス比例弁によりガス量を、燃焼ファンにより空気量を制御し、最適な燃焼になるように、制御することを空燃比制御という。空気比とは、実際の燃焼に供給される空気量と理論空気量の比をいう。

別窓 | 模擬問題(ガス技術) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
NOX
2012-09-04 Tue 08:00
機器7   Aレベル
問題
NOXについての説明で、正しいものはどれか。

①NOXは、その生成機構から、サーマルNOX、プロンプトNOX、フューエルNOXに分類される。
②サーマルNOXは、燃料中に含まれる窒素分が酸化されてNOXとなる。一般のガス燃料では燃料成分中に窒素分を含まないため、燃焼に伴い発生するNOXとしては、考慮する必要がない。
③プロンプトNOX生成の特徴は、NOX生成速度が高い温度依存性を持ち、温度が高くなると生成速度は急速に増加する。
④フューエルNOXは、空気中の窒素と火炎中に存在するCH、CH2 等との反応を経由して生成する。その分布はメタンの酸化が行われる火炎帯に限定される。
















機器7
解答解説
正解は①である。
②フューエルNOXは、燃料中に含まれる窒素分が酸化されてNOXとなる。一般のガス燃料では燃料成分中に窒素分を含まないため、燃焼に伴い発生するNOXとしては、考慮する必要がない。
③サーマルNOX生成の特徴は、NOX生成速度が高い温度依存性を持ち、温度が高くなると生成速度は急速に増加する。
④プロンプトNOXは、空気中の窒素と火炎中に存在するCH、CH2 等との反応を経由して生成する。その分布はメタンの酸化が行われる火炎帯に限定される。



別窓 | 模擬問題(ガス技術) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
導管の維持管理技術
2012-09-03 Mon 08:00
供給33  Cレベル
問題
 導管の維持管理に用いられる技術の説明で、誤っているものはいくつあるか。

a 管内テレビカメラ・・本支管内を観察し、管内の水たまりや漏れの状況から水の侵入状況を調査する。
b マッピングシステム・・コンピュータにガス導管等の施設情報を含む図面を登録し、図面管理業務や維持管理業務に活用するもの。ガス事業者を始めとして適用拡大が図られている。
c パイプロケーター・・導管の埋設位置を間接的に検索するもので、最も一般的に用いられているのは、ハーディークロス法を原理としている。
d 地中探査レーダー・・地中の埋設管を電波の反射でにより容易に探知する。

① 0
② 1
③ 2
④ 3












供給33
解答解説
 正解は、②である。
c パイプロケーター・・導管の埋設位置を間接的に検索するもので、最も一般的に用いられているのは、電磁誘導法を原理としている。
 ハーディークロス法は、ループ配管の導管網解析に用いる計算手法である。

別窓 | 模擬問題(ガス技術) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
2912 ガス主任技術者試験 直前模擬テスト(供給科目)
2012-09-02 Sun 13:22

2012 ガス主任技術者試験 直前対策 (供給科目)けんてーごっこ
別窓 | 復習テスト・模擬テスト | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| ガス主任技術者試験取得の応援ページ |
2006-2012 template by [ALT-DESIGN@clip].